アニスタ

 

  1. Top
  2. アニスタVol.2
  3. アニスタVol.2 ミーティングデー WITトーク

アニスタVol.2 ミーティングデー
WITトーク

“スタジオ”と“ファン”と“未来の作り手”をつなぐ、アニメファン感謝イベント&リクルートイベント「アニメスタジオミーティング」、通称「アニスタ」。第2回となる今回は、東京・飯田橋のDNPプラザにて11月2日(土)〜12月8日(日)まで展示会を実施し、会期ラスト2日となる12月7日(土)&8日(日)には、制作スタッフやクリエイターにスポットを当てたトークイベントが開催された。そのレポートが到着した。

イベントの一つである『WITトーク』では、WIT STUDIOのトークイベントではお馴染みとなっている同社の代表取締役・和田丈嗣氏、プロデューサーである中武哲也氏、アニメーターの浅野恭司氏の3人が登壇。そこに今回のゲストとしてアニメーターの胡拓磨氏を加え、和田氏の司会にてトークがスタートした。

胡氏は「ギルティクラウン」や「終わりのセラフ」で作画監督として活躍したのち、「進撃の巨人 Season 1」でリコのシーンなどを担当。その後、「進撃の巨人 Season 2」からはメインスタッフの1人としてアクション作画監督を務めている人物だ。
そんな胡氏を中武氏は「“アクション”、“メカニック”、“美少女”の順番で優れた作画を出してくれる人」と紹介。浅野氏は「後輩ではありながら、アクションはバリバリにやられてきた方なので、動きは完全に任せている」と語った。

やがてトークは胡氏が実際に担当したシーンを振り返っていくコーナーへ。 壇上のモニタに各作品で胡氏が担当した場面が映し出され、登壇者全員でそのシーンについてのトークを繰り広げていった。各場面は胡氏が思い出深い仕事として、自らピックアップしたもの。「進撃の巨人」から獣の巨人とミケの対決シーン、リコの立体機動シーン、「終わりのセラフ」からミカエラの長回しアクションなど、ファンの間でも評価の高い場面が映し出され、それぞれについてのトークが進んでいく。

その中でも特に目を引いたのが、「ガンダム Gのレコンギスタ」第10話だ。WIT STUDIO制作の作品が並ぶ中、「ガンダム Gのレコンギスタ」はサンライズ制作の作品。その1話を担当することになった経緯について、中武氏が振り返る。「サンライズの方から『演出をやらないですか?』というお話が荒木(哲郎)さんに来まして、荒木さんが信頼する胡さんにメカニック作画監督という立場でのオファーがあり参加して頂く流れになりました」。
胡氏自身も「『ガンダム』はすごくやりたかったので、めちゃくちゃ楽しかったです。ちょうどこの原画作業をやっているときに、ガンプラが発売されたのですごく重宝しました(笑)」と回想。

さらに、このコーナーの最後には『進撃の巨人』Season2第32話が登場。この話数で胡氏は、エレンが組み伏せた鎧の巨人にミカサが立体機動で襲いかかっていくシーンを担当している。胡氏は「『進撃』で僕が立体機動を担当した数少ないシーンの一つ。長尺で見応えがあって、『(僕が)ここをやった』と言えるシーン」と振り返った。
また、この場面にはレイアウトに1週間、原画に1週間以上がかかったといい、原画の枚数は100枚くらいだと語る。すると、そんな胡氏の仕事ぶりに対し、浅野氏は「どんな作品でも全力でやる人なんです。その中に自分が描きたいものを込めて描く人。ありがたい存在です」と言い、中武氏は「アニメを作るときに、いかに胡さんの比重が高いかを知ってもらいたい。“温厚そうだが、凶暴な作画をする人”と覚えておいてください」と人柄と出来栄えのギャップを強調し、場内の笑いを誘った。

こうしてイベントの終了時間が迫る中、今回のゲストである胡氏は「僕らアニメーターにとって、午前中からこの席に座っているのがすごいこと(笑)。アニメーターに光が当たることはそれほどないので、僕らの仕事をこうやって紹介していただいて嬉しいです」と述べると、ほかのメンバーとともに来場者へお礼を告げた。こうしてアニメーター・胡拓磨氏をゲストに迎えた、今回の『WITトーク』は無事終了した。