アニスタ

 

  1. Top
  2. アニスタ 20019
  3. アニスタ2019 前夜上映祭 『進撃の巨人』セレクション上映会+トークショー

アニスタ2019 前夜上映祭
『進撃の巨人』セレクション上映会+トークショー

茨城県つくば市に「WIT茨城スタジオ(仮称)」を開設予定のWIT STUDIOがリアルイベント『アニメスタジオミーティング(アニスタ)』を1月27日(日)、2月9日(土)、10日(日)に開催! 初日は前夜上映祭としてMOVIXつくばで開催された。

『進撃の巨人』セレクション上映会+トークショーには作中でリヴァイ役を務める神谷浩史、中武哲也プロデューサー、キャラクターデザイン担当の浅野恭司が登壇。WIT STUDIOの和田丈嗣社長が司会のもとでイベントは進行した。

まずは、本イベントのために浅野氏により描きおろされた、リヴァイがイスに座ってうなだれ気味のイラストに関しての話題。実は浅野氏のシャープペンとスリッパをそのままリヴァイに持たせたり履かせたりしたそう。「仕事場の近くにあるものを参考にしました」と語り、集まったファンを笑わせた。

最初のトークテーマは「神谷さんと茨城」。

茨城県古河市出身の浅野氏が作品の打ち上げの二次会で名刺を配って回り、自らが務められている「古河大使」の名刺を配ったところ、茨城県の牛久市育ちの神谷さんと地元トークに花が咲いたのが、今回ゲストに呼ぶきっかけになったそう。

「アニメの現場でアフレコ現場以外のクリエイターとの交流がないんです。僕らも制作のうえでの歯車なのに、声優ばかり取り上げられるのは不思議なんですよね。「日頃感謝している人たちと同じ立場でしゃべることがとてもありがたいです」と神谷さん。中武プロデューサーも「神谷さんが作品作りにすごく興味があるのが分かりました」と話していた。

続いてのお題は「神谷さんと進撃の巨人」。
浅野氏は作品制作の流れについて「原作ありきなので、諌山創先生の考えをくみ取り、キャラクターを落とし込む作業を荒木哲郎監督も含めて行なっています。神谷さんが吹き込んだリヴァイの声を聞いて初めてそのキャラクターを形成することができるんです」と説明。

神谷さんは「同じアニメ制作現場でも、持ち場によって考え方が全然違いますし『演じている僕らの表情が制作陣にインプットされる』、というのは自分にはない感覚なので、すごく新鮮です。アニメでは原作のコマとコマの間を作って補完してくださるので、演じる側としてはとてもうれしいです」と感謝の気持ちを述べていた。

最後は作品に切り込んだ「リヴァイ名シーン」。『進撃の巨人 season3』のケニー・アッカーマンとの対決シーンの作画がすごいと巷でも評判となったのだが、中武プロデューサーいわく「アフレコ後にとても疲弊された様子の神谷さんが『あのシーンの作画はどの変態が描いたんですか? 変質的ですね』とおっしゃったのを覚えています(笑)」と当時を思い出しながら語った。

対決シーンを描いたのは、作画アクション作画監督を務めた今井有文氏。絵コンテの段階からアクションアニメーターが取り組むという方法を採用したそうで、神谷さんは「ギャランティーが同じで単価が安くなってしまうことが多いのに、自分から進んで高難度のカットを描く人はなかなかいないですよね。先日、今井さんに会う機会があったのですが、『リヴァイのそばにカメラがあって、彼をずっと追いかけている構図はとても面白いんじゃないか?』という理由で、あのシーンを作られたと聞いて驚きました」とコメントした。

イベント終了前には1月28日に誕生日を迎えた神谷さんへのバースデーサプライズも行なわれ、大盛況のうちに幕を閉じた。